フラワーレメディインフォメーション♪
バッチフラワーレメディ
フローラコロナフラワーエッセンス
DTWフラワーエッセンス
ハワイアンレインフォレストナチュラルズ
ラブリーライフフラワーエッセンス
スターエッセンス
チャリスウェルフラワーエッセンス
アンシェントメモリーオイル
ジェモセラピー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

バッチフラワーレメディとの出会い

帰宅すると何となくいつもと様子が違う…
玄関のドアをあけてもいつものムシムシした空気ではない

ギャー!!
エアコがンつけっ放しではないか!!
涼しいのは嬉しいんだけど、最近この手の電気の無駄遣いが多いのです。。。反省
毎日うだるような暑さが続くので使うときは使う!とメリハリをつけなきゃですね


さて、このブログではココロとカラダの関係や、病気を乗り越えるといった視点から書くことが多いのですが
それもこれも、私自身の経験から得た答えだったりします

今日はそんな私の病気体験とレメディの出会いについて書こうと思います!
それは2008年に遡ります

それまでも頭痛を筆頭に、ありとあらゆる不定愁訴の体調不良には悩まされていました
ですが、自分はカラダが弱いな~と疲れたら休むくらいのことしかしていませんでした

そんな状態が何年続いたのでしょうか?
ある日、このままでは起きた状態(動ける状態)で年を越せるのか?
年を越せたとして、次の年は無理かもしれないというくらいの不調に追い込まれたのです

そこで思い当たる症状と、考え付く病名を検索し、専門の病院、専門の医師の診断を仰いだのが2008年
今では少しメジャーになった?「脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)という診断でした

これは非常に厄介な病気です
一人一人、患者さんによって症状が異なるため、診断基準も当時は曖昧であったために
中々診断がつかずに苦労する患者さんがたくさんいました

その主な症状をご紹介しておきます

・起立性の頭痛(横になると和らぐ)
・背中が痛い
・腰痛
・手足の痛み
・全身の痛み
・耳鳴り
・めまい
・聴覚過敏
・ふらつき
・光がまぶしい
・視力の低下
・顔面痛、しびれ
・発熱
・体温調節障害
・動悸、息切れ
・呼吸困難
・高次脳機能障害
・何気なく話した内容を忘れてしまう
・読んだ本の内容を覚えられない
・忘れ物が多くなる
・極度の倦怠感
・睡眠障害
・免疫異常により風邪をひきやすくなる
・性欲低下、機能低下
・月経異常

等々、実はこれらの殆どの症状が不定愁訴で私の身に起こったのでした
全部挙げるときりがないのですが、よくもまあ、こんなにも不調があったものだとびっくりです

脳脊髄液減少症については、こちらに詳しく説明されています

100%完治するとは言えない病気
このまま一生寝たきりのまま過ごさなくてはならないかもしれない
痛くて、辛くて、苦しくて、でも見た目には現れないから怠け者だと誤解されてしまう

人は何のために生きているんだろう…

働けなくなったらどうやって生活していこう?
親を頼れというけれど、親だっていつまでも生きているわけじゃない

病気と言うのは、ただ病気のことだけに不安を感じるわけではありません
とりわけ私には多額の医療費の問題が重くのしかかりました

当時から、有効とされていた治療は保険適用外のために、多額の費用が掛かります
今はほんの、ほんの少しだけ進歩して、一部保険を適用する動きが出てきましたが、
色々な条件をクリアしなければならないことがあるようですので、さほど変わっていません


この頃私は”病人まっしぐら”のどん底人生に向けて転がり落ちていきます
体調は良くないですから、ほぼ寝たきりのような生活で、身の回りのことをするのがやっとでした
そんな生活が続くと、ココロは不安や絶望、怒りや嫉妬などあらゆる負の感情で埋め尽くされます


最悪のシナリオを思い浮かべる人も多いと思います、私もその一人でした

それでも何とか這い上がろうと思えたのは、家族や友人の支えがあったから
同病で頑張っている仲間のブログなども本当に支えになりました


それからです!
まずは薬漬けの毎日から脱出したいと思って辿りついた自然療法
漢方やホメオパシーを併用することによって、劇的に薬の量が減ったのです

それでもやはり病気の根本的解決には至ってないと思った時
そんな時に出会ったのがバッチフラワーレメディでした

それまで狂いに狂っていたココロのバランスがレメディを飲むことで整いだすと
あれよあれよと言う間にココロは軽く、前に進むエネルギーがみなぎってくるではありませんか!

なんで?どうして??

どん底まで落ちるともう上がるしかないから?
ココロが前向きになると、病気を克服しよう!治そう!という力が沸いてきます
途中、何度も「もう無理」と弱音を吐きながらではありますが、次第にそんな気持ちは消えていました

それが証拠に今があります
元気になったら「必要としている人にバッチフラワーレメディが届くように活動しよう!」と

私が数あるフラワーレメディの中でバッチフラワーレメディを特に推奨するのは博士の哲学に惹かれたから
病気の結果に焦点を当てるのではなく、原因や患者自身の性格やココロの在り方にこそ目を向けるべきで、
物質的治療だけで治ったように思えても、表面的に繕うばかりで本当の治癒ではないという考えです


博士の哲学の話しとなると、バッチを学ばれた方の多くがそうであるように
若干バーベイン気味になってしまいますので、程良い加減でいずれ書きたいと思います


振り返って思うことは、「出会うべくして出会った」ということ
10年程前に住んでいたイギリスでも、ドラッグストアなどで見かけていたはずですし
アロマには疎いので、癒し繋がりからの出会いというわけでもないです

現在では、有効的な治療とされているブラッドパッチを1度行い、
後遺症に対してはレメディを飲んだり民間療法を取り入れてほぼほぼ完治といった具合です

今でも不定愁訴の不調はちょこちょこありますが、これは病気から来るものなのか??
ただの人間の不具合じゃないかと思っています


というのが私のバッチフラワーレメディとの出会いです

一つ言いたいのは、どんな出会いも偶然ではなく必然であるということ
きっかけが病気でも、ダイエットでも、癒しでも、流行でも何でもいいと思います
人との出会いと同じように、あなたのレメディとの出会いも大切にして欲しいなと思います

文字だけの黒ーいブログになってしまいましたが
最後までお読みいただきありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村
関連記事

tag : バッチフラワーレメディ 脳脊髄液減少症 病気を克服

2012-08-13 :  ■バッチフラワーレメディ : トラックバック : 0 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

森 シエナ

Author:森 シエナ
バッチ財団登録プラクティショナー、フラワーレメディセラピストの森シエナです。
100%治癒の治療法がない脳脊髄液減少症、多発性硬化症を乗り越えた経験から、ココロの調和が何よりも大切なことを、そのためにはフラワーレメディがとても支えになることを、独自の切り口でお伝えしていきます。

真の癒しとは何か、一緒に探しましょう!

そして、レメディと同じくらい熱くなってしまうのがF1!!これまでに訪れたサーキットは、鈴鹿に始まりシンガポール、モナコ!ここ数年はほぼ毎年どこかのサーキットに行ってます。そんな現地観戦情報も綴っていこうと思います。

<2008年>脳脊髄液減少症発症、バッチフラワーレメディと出会う
<2009年>ブラッドパッチ(BP)手術を受ける
<2010年>バッチ国際教育プログラムレベル1・2・3受講
<2011年>多発性硬化症疑義
<2012年>「フラワーレメディ」にてセラピストとして活動を開始
<2013年>バッチ国際教育プログラムレベル3修了、バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)の登録完了。「フラワーレメディ」にて入門・実践講座の講師を務める
<2014年>ヴィパッサナー瞑想修了、多発性硬化症と診断されるが、病気であることを辞めた!活動の拠点を山形県鶴岡市へと移す。

ランキングに参加しています

グっときたらクリック!お願いします☆

ブランド別人気ランキング!

「フラワーレメディ」の人気のフラワーエッセンスをブランド別にランキングにしました!ぜひチェックしてみてください!

オイル美容、原液コスメのオーラ

オイル美容、原液コスメの専門ショップです!ホホバオイル、ヘンプオイルなど様々な美容オイルを取り揃えています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。